Question & Answer

よくある質問と回答

Matterport
3D VR

よくある質問と回答

Matterport
HOME | よくある質問と回答

Matterport 撮影に関するQ&A

Matterport 撮影に関するQ&A

撮影の見積もり~依頼はどの様な流れですか?
お見積りはお問い合わせフォームまたはお電話にて受付けております。
撮影を行う場所(市区町村まででも結構です)、建物の種類(マンション、お店、ビル等)、平米数(約〇〇㎡で結構です)、ご希望するオプションの有無等をお知らせ下さい。お見積書を発行後、ご検討頂きご依頼の有無をご判断下さい。

撮影日までに準備することはありますか?
Matterport 撮影は基本的に360度全てのものが写るとお考え下さい。
家具や掲示物、小物まで鮮明に写りますので、写したくないものは事前にお片付けをお願い致します。
※スキャン画像をつなぎ合わせて行く関係上、撮影を開始した後は基本的に物の移動が出来ませんので、予めレイアウト等もご準備願います。

撮影中は立会いが必要ですか?
Matteport 撮影は移動しながら繰り返し撮影を行います。平米数によりますが、1時間程度から長いと終日撮影を行うことになります。
また、撮影時はカメラに写らない様にカメラマンもお客様も隠れる必要があります。特に撮影風景をご覧頂く必要性が無い場合はお立会いは必要ございません。
もちろん、撮影風景をご覧頂いても構いませんが、写らない為のご協力をお願い致します。

撮影時間どの位必要ですか?
100平米の広さで、準備~撮影~撤収まで2時間~3時間程度です。
但し、撮影する場所の状況により、それ以上時間を要する場合がございますので、詳細な時間はお打ち合わせの段階でお伝え致します。
カメラの特性上、家具等が何もない広い空間、ガラスの面積が多い空間、鏡が多い空間等は通常よりも時間を要する可能性が高いです。

屋内ではなく屋外での撮影は可能ですか?
Matteport Pro2 3Dカメラは屋内専用カメラですが、条件が揃うことで屋外での撮影も可能です。曇天で日光が差していない場合、早朝や夕方で太陽光が弱い時間帯は撮影(スキャン)が可能になります。※360°モードは太陽光に関係なく撮影は出来ますが、スキャンは行わない為、3Dの生成は出来ません。
屋外を広範囲に撮影する場合、太陽光下撮影する場合は別機種「Leica BLK360」での対応となります。※但し、Pro2 3Dカメラより画質が劣ります。

撮影後の編集作業は別途費用が発生しますか?
当社のMatterport 撮影サービスの費用は撮影~編集~公開までの費用が含まれております。マータータグの設置等、オプション設定のご依頼が無い場合は別途システム利用料のお支払いのみで公開が可能です。※公開にはMatterportシステムの利用が必要となります。
撮影費用(編集含む)+オプション(必要に応じて)+システム使用料にて公開が可能となります。※撮影時の出張料、交通費等は実費請求となります。

撮影後納品まではどれくらいの期間が必要ですか?
基本的には撮影後5営業日以内でご納品致します。(月曜日に撮影した場合、翌月曜日の納品となります)
但し、非常に広いスペースの撮影やオプションメニューのご依頼があった場合、また最良の3D形状にする為にモデリング作業が長引いた場合は納品まで5営業日
以上の日数を頂く場合がございます。お急ぎの場合は可能な限り納期を早められる様に致します。ご希望の納期等がある場合は事前にお知らせ下さい。

納品はどの様に形式で行われますか?
Matterport カメラによる撮影後はタブレットやPC上にて編集作業を行い、専用サーバーへ編集済みデータをアップロードします。その後、URLが発行されますので、お客様へはこのURLとiframeタグをメールにて納品させて頂きます。
URLをクリックするこで、制作した360VRツアーの閲覧が可能になります。iframe を使用することで、WEBサイトへMatterport画面を埋め込むことが可能です。

公開する為に撮影費用以外で必要な費用はありますか?
Matterport データを公開する為には専用サーバーにデータをアップロードする必要がございます。
サーバー使用料として1つのデータ公開につき1カ月1,100円(税込)のサーバー使用料が発生致します。当社では3ヵ月からの契約となります。
公開する必要がなくなった場合はサーバー使用の更新を止めて頂ければその後費用は発生致しません。

費用の支払い方法を教えて下さい?
最終的なご請求額の確定は撮影後になります。※その後オプション等の追加発注を頂いた場合は変更が発生します。
撮影後にご請求書を発行致しますので、7日以内に当社指定の口座へお振込みをお願い致します。別途領収書が必要な場合は事前にお申し付け下さい。
※クレジットカードによるお支払いは受付けておりますので、ご了承願います。

撮影ポイントを選ぶことは可能ですか?
Matterport 撮影は画像の記録と同時に3Dスキャンを行っています。ドールハウスビュー(立体視)や測定モードに必要なデータ=スキャン画像とお考え下さい。
このスキャン作業を細かく行う為に当社では非常に多くの場所で撮影(スキャン)を行います。その為スキャン漏れも少なく、結果的に撮影ポイント数も多くなりますので、ウォークスルーの移動箇所設定においても編集での選択肢が多くなります。もしご希望の撮影ポイントがあれば撮影当日にカメラマンに伝えて下さい。

撮影会社、カメラマンで仕上がりに差は出るのですか?
実際に撮影を行うカメラマンの経験と技量で実は仕上がりに非常に差が出ます。
例えばスキャン漏れが多いと仕上がりに黒抜きの場所が多くなったり、スキャンエラー警告を無視して撮影を進めると仕上がりに歪みが生じたりもします。
その他カメラが苦手な部分を如何にカメラマン側で補完出来るかも経験の差が出て来ます。

一般的な360°ツアーとの大きな違いは何ですか?
Matterport は一般的な360°ウォークスルー機能(Googleストリートビューの様に移動出来るシステム)を搭載しておりますが、何よりもスキャンを行うことが最大の違いです。3Dスキャンを行う為、建物の立体視が可能になり、様々な方向から立体的に施設を閲覧することが可能です。
そして測定モードを使用することで、誤差1%以内の測定が可能です。お部屋、家具、掲示物等様々なものの計測が可能です。

ウォークスルー内にマーカー設置を行うサービスは何ですか?
ウォークスルー内にはマーカーを設置して様々な情報配信が可能です。
ウォークスルー内に出て来るマーカーにカーソルを合わせることで、テキストによる情報発信、画像・動画による情報発信、Googleマップの表示等が可能です。
例えばウォークスルー内で商品の説明を行い、自社サイトへリンクで誘導することも可能です。

オプションのGoogleストリートビュー連携サービスとは何ですか?
Matterport で撮影したデータをGoogleが運営するストリートビューへ登録が出来るサービスです。(Googleマイビジネスとの連携も可能です)
撮影したウォークスルーをGoogleストリートビューに登録することで、ストリートビュー閲覧者の方も自由に撮影した施設内に立ち入ることが可能になります。
但しMatterport 独自の機能は使用出来ません。

VRモードは搭載していますか?
はい、搭載しています。閲覧画面右下のアイコン(ゴーグルのマーク)をクリックするとVRモードに切り替わります。
iPhoneやAndroid端末(スマホ)でもVRモードを体験可能です。(アプリのインストールが必要になります)
2020年より正式にOculus Quest(オキュラスクエスト)が対応しましたので、高画質VR体験も可能になりました。(オキュラスブラウザでご覧下さい)

平面図の出力や点群ファイルの出力も可能と聞きましたが、オプションサービスはありますか?
平面図、点群ファイル等は全てオプションにて承ります。
Matterport社に依頼を行い、Matterport社より発行されたデータをそのままお渡ししますので、当社でデータ編集等は行えませんので、予めご了承願います。
当社では平面図出力サービスとマーターパック出力サービスという名称になります。

お問い合わせフォーム
24時間受付中
CONTACT
電話によるお問い合わせ
03-6459-3697
平日10:00~19:00
休業日:土日・祝日